インターネットで風評被害を受けた時にすること

インターネットでの誹謗中傷などの風評被害に遭っている場合、早く対処することで精神的な苦痛を軽減できます。インターネットでは掲示板やブログなど個人が自由に書き込みできるサイトが存在しており、特定の人物が評判を下げてしまうことを書く人もいます。自分が被害者だと気づいたら、書き込みがあるページにURLを控えます。パソコンなどの電子機器だけでなく、プリントアウトして書類として保管するのも大切です。サイトにはそれぞれ管理者がいるので、誹謗中傷があることを理由に削除を依頼します。管理者のメールアドレスが分からない時は問い合わせから連絡します。依頼する時は氏名や住所などの個人情報は必要ありません。管理者が削除に応じない場合はサービスを提供しているプロバイダに依頼し。誹謗中傷があったURLなどを貼り付けます。

ネットで風評被害が起きないように

その会社にうらみがあり、わざと真実ではない噂をネットに掲載される悪質なことをすることもあります。その風評をしないように、注意しないと、会社の評判も落ちてきます。風評被害が起きることで、会社の存続にも関わってくることもあるので、気を付けなければならないですね。ネットですと、どこに書かれてるか、わからないので、細目にチェックしておくことですね。風評被害は、そこの会社だけでなく、全国で被害にあってる所も多いので、あまりにもひどく書かれてあるようでしたら、検索エンジンにお願いして削除してもらうか、業者にお願いするなどの対策をなされることです。検索エンジンの会社では、風評を載せられてる方が特定することが出来るので、注意喚起してもらうことで、徐々に風評の書き込みも減ってきます。その時なくなっても、新たに書き込みをされることもあります。

インターネットの風評被害に関して

日本には言論の自由がありますが、だからといって何を言っても許される訳ではありません。根も葉もない噂を広げることは犯罪になる恐れもありますし、風評被害を巻き起こす要因になってしまいます。その最たる例が、東日本大震災の後の放射能ではないでしょうか。一定の検査基準をクリアした安全な農作物にも関わらず、東北地方農作物が売れなくなった時期がありました。近年はインターネットの普及で利便性が高まりましたが、風評被害に遭う方が増えてしまった事実があります。それを防ぐ方法としては、各々が自らの五感を磨く以外にありません。何が事実かを見極めることが大切で、安易に噂や伝聞を信じないことではないでしょうか。最悪のケースでは人の命を奪うこともありますし、一人一人のモラルに頼るしかないのが現状です。日本人としての誇りを取り戻して欲しいです。