梅干しの消費量が多いのには理由があります

暑くなってくる時期のお弁当などで殺菌効果として期待される食材として、梅干しがあります。そんな梅干しですが、どの世代の人にたくさん食べられているのかというと60代から70代の人にかけてたくさん食べられています。また、単身世帯に比べて2人以上世帯の人たちによく食べられています。そんな梅干しですが、生産地として有名な和歌山県では、価格が低迷していて梅干しを生産している人が困っているのです。その背景には、中国からの輸入された梅が多いことです。中国で取れた梅にも関わらず加工した梅干しを和歌山県産と表示することがありました。価格が低迷すると同時に1世帯での梅干しの消費量が2割ほど減少傾向になっていて梅干し農家の廃業などと今後の課題として梅干しの需要を増やしていかなければなりません。

梅干しの年間消費量の多い地域の理由

梅干しの消費量として、60代から70代に多い理由として、和食をよく好んで食べることが多いからです。梅干しは、和食にとって無くてはならない存在のため、食卓に梅干しが置かれることが多いのです。よって、梅干しの消費量が多いのが60代から70代が多くなってきているのです。他に、梅干の消費量の多いところとしてあげられる地域があります。それは、沖縄県です。なぜ沖縄県の消費量が多いのかというと、沖縄県の気候が大きく関係しています。沖縄県の暑い気候の中で畑仕事を行っている人の休憩でお茶と一緒に梅干しをとって水分と塩分で熱中症対策を行い、梅干しに含まれるクエン酸には、疲労回復の効果があるため、沖縄で畑仕事をしている人には長方されたと言われています。このような理由から沖縄県での梅干しの消費量は多いのです。

梅干しを食べるとどんな良いことがあるのか

梅干しには、お弁当に入れておくと殺菌作用があるという話は、とても有名です。しかし、殺菌作用以外にも梅干しにはとてもすごい効果があるのです。梅干しのすっぱさが食欲を増進させてくれます。すっぱい作用のクエン酸は、食欲を増進させる他に、基礎代謝を上げてくれる作用があるため健康を保つ食べ物として上げられています。なぜ梅干しを食べたら疲労回復の効果があるのかというと、疲労がたまると体の中に乳酸が溜まるのです。その乳酸を分解してくれるのが梅干しに含まれるクエン酸なのです。乳酸の増殖を抑えて分解してくれることから梅干しは疲労回復に効果的なのです。女性にも嬉しい効果があります。梅干しを食べると美肌になる効果もあります。血液をアルカリ性に保ってくれる効果があるのです。お肉ばかり食べていると体内が酸性になって血液がドロドロになってしまうのですが、それを中性にするのが梅干しの働きです。その後血液をアルカリ性にするため血液のめぐりがよくなり美肌になるのです。